« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月19日 (土)

洋菓子のグリンの件

洋菓子のグリン…
昭和を知る大阪人なら知らぬものなどおるまい。
そのグリンの味を守り続けている「洋菓子の店エリカ」の事なら
こちらのブログに詳しい事が!
マーチ(K12)でジムカーナ!?
レモンケーキの関する記事が載っています。
店の所在地は大阪市平野区長吉ですが、主に生野区のスーパーに卸しているみたいですね。
以前は大正区の泉尾商店街の「泉尾のおかしやさん」でも入手できましたが
現在こちらでは手に入りません。(実際にたずねてみたら今は仕入れてないとの事)


数年前に載せた洋菓子のグリンの記事

2014年4月17日 (木)

平成の魔女裁判

今さらなんですが、理化学研究所の小保方晴子氏の例の会見
まさに「魔女裁判」でしたね。
あそこまで吊るし上げなくてもいいんじゃないの?って思ったけどw
でもまあ、証拠出さないほうが悪いですよ
「STAP細胞はあります!」って言われても
昔から決まってるけど「証言」は「証拠」にはならないよ。
存在を裏付ける証拠が何ひとつ出てないもん
科学の話なんだから科学の力で証明しないと誰も信じないでしょ。
「ある可能性」じゃなくて「ある」って断言してるわけだから
「200回以上成功してる」…ならやってみせろよ
「レシピがある」…じゃあレシピみせろや
…ってなるわな普通。
「特許や利権の問題がある」って語ってたけど
それは別に小保方氏が判断する事じゃないしなあ。
例の画像スリ替え疑惑とか(本人は画像を取り違えたと主張)
科学者としてありえないような言い訳に終始してたし
記者会見で小保方氏の主張を信じた記者は
一人もおらんでしょうね。
夢のような細胞で、もしあったらスゴい事なのはわかるけど
信じたいけど、あれじゃ信じてくれって言われても無理っす。
個人的には信じたいけど、ちゃんと証拠が出してくんないと…
あんな記者会見は正直どうでもよかった気も。

現時点では
ケンシロウ「STAP細胞はあるのか?」
修羅「ないアルよ」
ケンシロウ「どっちなんだ? あるのかないのか」
修羅「ないないアルよ」
って感じですかね。

まど☆マギの魔女のモデルにしたら「実験室の魔女」か
「割烹着の魔女」にでもなるんだろうね。
じゃあ、名前は「オボカティー」
使い魔のモデルは若林教授って事でw

「あるよ… STAP細胞もレシピもあるんだよ!」


2014年4月 3日 (木)

まどか新編BDキター

気がついたら玄関先に置いてあったw
Dsc_1280
これからさっそく観ます。
風呂上りだから途中で眠くならないか心配だけど。
映画館行ってないからネットで流れてた情報で
おおまかなストーリーはなんとなくはわかってる(…ような気がする)けど
楽しみ楽しみ。マミさんのサービスシーンも楽しみですなあ。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

フォト
無料ブログはココログ